ホーム > 施工事例 > 戸建て

戸建て

戸建て住宅の施工事例の一部を紹介します。
 
 
 

木造住宅の施工例 No.7

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
ご依頼は、木造アパートを専用住宅にして快適にすごしたいでした。今までは2階部分を賃貸にして、1階が住居に使われていました。1階は、背の高いブロック塀に囲まれて通気が悪く、敷地も少し道路より低いため湿気ぽい状態です。2階のアパート部分は、独立した玄関より階段を上がり、中廊下を中心に各部屋が点在してます。各部屋は、日当たりも通気も良好で、廊下だけ薄暗いです。
リフォームにあたり、まずは、たくさんに分かれていた電気、ガス、水道メーターを集約して、管理しやすく改善してます。湿気対策には、防湿フィルムを敷込み土間コンクリートで仕上るかたちで地面から上がる水蒸気を抑えています。とくに、1階の間取りは、空気の流れを考えた窓の配置を考えています。また、耐震補強もさる事ながら、比較的小さなお部屋で作られていたため、梁が細く、一般より多くの補強対策が必要でした。
 
 

木造住宅の施工例 No.6

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
和造りの住宅で、今ある雰囲気を残しながら、耐震、断熱の改修、採光の改善と合わせて外回りを整える事でした。建物は築40年以上になる状況で、南側に開口が多く、部屋どうしは襖で仕切られ壁の少ない構造です。壁は、柱の見える真壁造り、襖上には、彫刻ランマが飾られています。でも、寒くて仕方ない様でした。現地調査を冬に行い、寒さの事は良く分かりました。また、室内の雰囲気の良さと、さらに庭との一体感、緑の美しさが、都内にいる事を忘れさせる魅力がありました。これらの魅力は、ぜひ継承してリフォームをしなければと考え、プランを作成しています。
和造りの良さ、大きな窓から得られる庭と室内の一体感、を残しながら構造補強に取り組んでいます。一度、骨組みの状態まで解体しているため、耐震の精密診断が出来、耐力壁の設置・金物の補強を、庭に面する場所以外で、バランスを取りながら補強しています。このため、どうしても真壁を、柱の見えない大壁に作り変えています。その上に付柱(柱を薄くした材木)を張付け真壁造りを再現しています。日当たりの弱い食事室・キッチンは、天井を高くして大きめな天窓を設置、やわらかな光が降りそそぐ様にしています。
エクステリアは、ポイントごとに建仁寺(京都の建仁寺に由来する竹垣の代表的な一種です。建仁寺で廃物となった板塔婆を利用しこれを立子としてつくった垣根から名付けられとか...)をつくり、敷石には、既存の庭石、たくさん山積みになっていた平板を整え、まわりに建材用の天然砂利を使用してコストダウンを図りながら雰囲気を出しています。
 
 

木造住宅の施工例 No.5

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
狭小敷地に建つ、間口2.7m×奥行約5mの築50年近い住宅です。片側は隣家がせまり、他方も会社のエントランス階段が奥に向かい段々と高くなり、ほとんど隙間の無い状況です。建物は、道路側パラペット(ビルの様に屋根が見えないカタチ)は雨が溜まり、ひどい雨漏りが起きていました。天井も一部落ちていました。
リフォームでは、外部の改修がとても困難でアルミサッシは再利用して、木製の窓は、内側から施工するアルミサッシに取り替えています。屋根の改修はパラペットを撤去して、一般的な切妻屋根(三角屋根)に変更しています。間取りでは、脱衣室の無いお風呂を改修して、脱衣室のあるお風呂(ユニットバス)に改修。配管の兼合いで通り側にあるため、窓には面格子付のセキュリティーフィルターを付けて、完全に室内が見えない様に配慮しています。
 
 

鉄骨造住宅の施工例 No.1

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
鉄骨3階建住宅で、以前の雨漏りした事があるとかで、室内の天井、壁には一部シミの跡がありました。リフォームにあたり下地調査をすると外壁の内側が腐り、外壁にも影響が出てましたので改修いたしました。工事は一度、鉄骨の骨組み・スラブ(床下地)を残すとこまで解体を進め、部屋の間仕切りも新規に組換え、家族構成に合わせた新たな間取りへと生まれ変わりました。広々とした対面キッチン、明るい階段室、外壁は通気層を設けたサイディングに全面張り替え、防水も全面にウレタン防水を施して雨漏り対策を強化しております。
 
 

木造住宅の施工例 No.4

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
台風の時、家が揺れて怖い。これが一番のきっかけになった様です。耐震改修というよりも耐風改修です。既存の間取りは総2階建で、住宅の形は耐震・耐風すぐれる様に一見思いますが、南側は掃出し窓が多く、北側は、水廻りの小窓の連続と壁が少ない状況でした。耐震壁が角に無いとか以前に、普通の壁があまりにも少なかったのです。リフォームにあたりましては、窓を縦長の形にして壁を多く設ける事で明るさと耐震性能を確保、耐震壁下の基礎補強も行い、2階床下は厚めの合板下地で水平方向の強さも補強してあります。
 

木造住宅の施工例 No.3

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
築40年の木造で広めなバルコニーと小屋裏部屋がある、40年前では変わっている住宅でした。ただし、各部屋の面積が小さく全体に閉塞感があり、1階の台所・居間は日当りがなく暗く、さむい間取りでした。特徴であるバルコニー・小屋裏は活かし、バルコニーはルーフバルコニーにして屋上へ移設、2階に開いた空間に1階にある台所・居間を移設して明るい日差しを確保、今度は、1階の開いた空間に旦那さんのホビールームを新設し、キッチン以外の水廻りを拡大しました。今まで、柱だけで支えていた場所は、新しく壁を設け基礎補強と共に耐震補強も施しました。
 

木造住宅の施工例 No.2

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
狭小地に築35年たつ建物を生活スタイルの変化に合わせモダンな住宅に作り変えました。同時に、筋交、構造用合板による耐震強化、断熱材、遮熱複層ガラス、樹脂製内窓、照明器具の蛍光灯、LED化による省エネ対策もしてあります。デザインは、幾何学的に処理してあり、ポイントは正面の窓の割付、室内照明が建物に一体化してある点です。
 

木造住宅の施工例 No.1

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印

  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
  • 矢印
 
リフォームのポイント
丘陵地に建つため、スキップフロアの木造住宅です。リフォーム前の状態も、一種独特な雰囲気が外観、室内ともに感じられ、特に、階段まわりは、E.C.エッシャーの作品”Ascending and Descending”の様です。階段は、段差・勾配がある為、家の中で危険な場所であり、一般には脇役です。今回のリフォームでは、階段が魅力を放ち空間に躍動感を与えています。この雰囲気を活かしながら、より使いやすく、安全に配慮して、リフォームを手掛けました。
top